コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 子育てエンジョイ > ひとり親家庭になったとき >養育費に関する公正証書作成費等補助金のご案内

養育費に関する公正証書作成費等補助金のご案内

問い合わせ番号:16765-4431-0675 更新日:2023年 5月 24日

概要

文書による養育費の取り決めを促進し、養育費の安定的な確保を図るため、養育費に関する公正証書の作成等にかかる費用を補助します。

対象者

令和5年4月1日以降に公正証書等を作成した四日市市内に住所を有するひとり親家庭であって、次の受給要件の全てに該当する人
(1)養育費の支払いに関する債務名義※を有していること
  ※養育費を請求する権利を定めた強制執行認諾文言付公正証書、調停調書、審判書等
(2)養育費の取決めの対象となる児童を現に扶養していること
(3)養育費の取決めに係る経費を負担したこと
(4)過去に他自治体を含め、同様の内容の補助金を交付されていないこと

補助対象経費

養育費の取決めに要する経費のうち、本人が負担した次の費用
(1)公証人手数料令(平成5年政令第 224 号)に定められた公証人手数料
(2)家庭裁判所の調停申し立て、又は裁判に要する収入印紙代及び連絡用の郵便切手に係る費用
(3)公証人役場又は家庭裁判所に提出する戸籍謄本等の発行手数料に係る費用

補助額

対象経費の全額(上限3万円)※1人1回限り

申請期限

公正証書等を作成した日(令和5年4月1日以降の日に限る。)以降で、全ての要件を満たした日の翌日から6か月以内

必要書類

1.四日市市養育費に関する公正証書作成費等補助金交付申請書(第1号様式)(PDF/128KB)

2.添付書類
(1)全員
□ 領収書(申請者本人が負担したものに限ります)    
□ 養育費の取り決めをした文書の写し(債務名義化した文書※に限ります)
※養育費を請求する権利を定めた強制執行認諾文言付公正証書、調停調書、審判書等
(公正証書の場合、「強制執行されても構いません」という旨の記載が必要です)
□ 振込先口座が確認できる書類(通帳の写し等)
□ その他添付が必要な書類(必要に応じてお願いすることがあります)

(2)児童扶養手当を受給している方      
□ 児童扶養手当証書の写し 
 
(3)児童扶養手当を受給していない方
□ 本人及び対象児童の戸籍謄本(又は抄本)の写し
□ 世帯全員の住民票の写し

3.本人確認書類   運転免許証、マイナンバーカード、パスポート等

相談窓口

四日市市では、ひとり親家庭の自立に向けた相談のほか、女性が抱えている様々な問題(離婚、養育費、人間関係等)の悩みに関する相談を行っています。

【ひとり親家庭相談】 
内容:自立支援相談、生活全般の悩み
時間:月~金曜日 8:30~17:15
         (土・日曜日、祝日、年末年始は休み)
担当:こども家庭課 
TEL:059-354-8276

【女性相談】 
内容:離婚、養育費、人間関係等の悩み
時間:火・木・金・土曜日 9:00~16:00
   水曜日       9:00~19:30
    (日・月曜日、祝日、年末年始は休み)
担当:男女共同参画センター「はもりあ四日市」
TEL:059-354-8335

 補助金の申請・お問い合わせ

四日市市こども家庭課
〒510-0085 四日市市諏訪町2番2号 
TEL059-354-8276 FAX059-354-8061

このページに関するお問い合わせ先

こども未来部 こども家庭課
三重県四日市市諏訪町2番2号(総合会館3F)
電話番号:059-354-8276
FAX番号:059-354-8061

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?