プロボノ1DAYチャレンジin YOKKAICHIを開催しました!


プロボノとは、仕事で培ったスキルや経験を活かした社会人のボランティアのことです。
1月21日、市内の市民活動団体3団体が抱える課題に対して、参加者(プロボノワーカー)が、解決に向けた提案を1日で行う「プロボノ1DAYチャレンジin YOKKAICHI」を開催しましたので、その模様をご紹介します。
今回支援を希望された団体は、「明日の地域医療を考える住民の会 あした葉」「内部地区総合型スポーツクラブうつべ☆スター」「環境教育ネクストステップ研究会」の3団体です。

 

【最後の説明を聞くワーカーのみなさん】  【支援先との面談前に最終調整】

 


 【各支援先のもとへ向かいます。みなさん気合い十分!】

(スターウォッチングのみなさん)(ネクストステップチームのみなさん) (チームあした葉のみなさん)

 


 

【支援先をヒアリングして課題の洗い出し。支援先もワーカーも熱くなってきています】                     

 

 

【聞き取り後は、提案をまとめて成果物を作成。見やすい資料作成スキルは社会人経験の賜です】

 



 
【成果発表会!成果物を支援先のみなさまに見ていただき、納品。みなさん熱心に聞いています】

 

 

 【発表を聞いた支援先のみなさまからは、たくさんの感謝の言葉が聞かれました】

 

 

 支援先のみなさまからいただいたコメントを一部紹介します

 ・新たな視点からのアドバイスは得るものがたくさんあり、非常に感謝している

 ・自分たちの活動が間違っていないということが再認識できた

 ・提案を受け、実行する責任が生じた。ぜひ来年度に活かしたい

 ・企業のみなさんと繋がれる良い機会となった

 ・メンバーの思いや認識を確認するきっかけとなった

 

ワーカーのみなさまからのコメントを一部紹介します

 ・自分でも何か貢献することができると感じることが嬉しかった

 ・現状や課題を知り、四日市を身近に感じることができた

 ・普段交流がない人たちと出会うことで、自分自身の学びの場となった

 ・もっと多くの人に知ってもらい、参加してもらいたい

 

雪が残るとても寒い日でしたが、とてもとても熱い1日になりました!

 

                                                                   【お問い合わせ先】
                                                                 
市民協働安全課
                                                                  
電話:059-354-8179
                                                                   FAX
059-354-8316