議長あいさつ


議長からのメッセージ

川村幸康議長

 四日市市議会 議長  川村 幸康

 

平成7年に市議会議員に当選させていただいてから約21年が経過する中で、政治改革や政界再編がなされ、現在の情報公開の推進などにつながってきていると思います。四日市市議会においても、以前は一般質問をした議員の氏名や顔写真が議会広報紙に掲載されず、どの議員が質問をしたのか分からないような議会広報紙でありましたが、議会改革を進める中で、議長選が立候補制になり議会がテレビ中継されるなど、情報公開が広く深く進んできていると感じております。しかし、さまざまなメディアの媒体がある現代社会においては、情報をできるだけありのまま正しくお伝えして、市民の皆様に判断をしていただけるよう、情報公開の在り方についても検討する必要があると考えます。

また、市議会の中では、34名の議員がそれぞれ議論を尽くして結論を導き出していく必要があります。意見の対立を恐れるのではなく、それぞれの議員が平等な立場で、これまで以上に喧々諤々(けんけんがくがく)の意見を言いながら結論を導き出していくような議会とするために、議会活性化に向けて精いっぱい努力していきたいと思います。