森家住宅主屋・土蔵

 主屋 土蔵

           森家住宅主屋・土蔵
種別 国登録有形文化財(建造物)
所在地 羽津町
所有者             個人
登録年月日            平成24年8月13日
解説      森家住宅は東海道に面して建っています。森家は、当地で庄屋を務め名字帯刀を
許された家柄で、明治頃には酒屋、薬屋、回船問屋、質屋等を営み、屋号を「槌屋」と
称しました。
 主屋・土蔵とも明治前期に建てられました。主屋は木造平屋建て入母屋作り・桟瓦
葺で、間口は16mになります。正面に大戸口を設けて通土間を通し、北側に2列居室
を設け、さらに入母屋造の角屋を出して小座敷としています。近隣地域では珍しい妻
入りの大型建物です。土蔵は桁行6m梁行4.1m、切妻造桟瓦葺で、南面中央に出入
り口を設けています。道具類を収蔵するための蔵です。主屋、土蔵ともに材料や施工
の質が高く、明治期の大型町家の状況をよく残しており、国土の歴史的景観に寄与し
ています。