平成24年05月23日 記者会見資料 四日市市の節電対策について

 昨年に引き続き、電力需要の高まる夏場に電力不足が懸念されることから、四日市市では、地球温暖化対策と併せて、次のような節電対策に取り組んでいきます。

●市民向け施策
1.新エネルギー・省エネルギー導入補助の拡充について
  ・家庭用太陽光発電システムの設置等、新エネルギー設備の導入に補助を行っていますが、対象件数を     
   400件に増やします。【23年度実績 235件】
   【対象設備… 太陽光発電設備、燃料電池設備、風力発電設備】
  ・中小企業が行う新エネルギー設備の導入や・省エネルギー設備への更新に対する補助では、ボイラー 
   設備の更新を補助対象に加えます。【23年度実績 30件】
   【対象設備… 新エネルギー設備の導入:太陽光発電設備、風力発電設備、コージェネレーション設備  
   省エネルギー設備の更新:照明設備、給湯設備、空調設備、ボイラー設備】

2.グリーンカーテン事業の拡大について
  ・窓辺をツル植物で覆うことで室内の温度上昇を抑えることができるグリーンカーテンについて、市民団体
   等と協働して普及に努めています。
  ・市民の皆さんを対象とした温暖化防止やゴーヤの育て方などの講座を市内15箇所で開催し、参加して
   いただいた方にグリーンカーテン用のゴーヤの苗を配布します。 【23年度実績 5箇所】
  ・市内71の小学校、中学校、幼稚園、保育園、地区市民センターにおいても、グリーンカーテンを実施しま 
   す。【23年度実績 56施設】

●庁内対策
1.クールビズについて
  ・クールビズは、5月15日から実施しています。
  ・昨年に引き続き期間を延長して、10月31日まで実施します。
  
2.市庁舎・総合会館等の節電について
  ・市庁舎・総合会館の電力使用量について、平成22年度比8%の削減をめざします。
   【23年度実績 7.56%】
  ・市庁舎・総合会館をはじめとする市の施設では、適正温度28℃での冷房運転、毎週水曜日に実施する
   ライトダウン【従前は、第1、第3水曜日】、個別消灯スイッチの取り付け等により節電に努め目標達成を
   めざします。
  ・市の施設を利用される市民の皆さんには、節電への取組にご理解いただけるよう努めます。

● 上記事項の周知・啓発について
  ・市民の皆さんには、広報等にて各家庭でできる節電対策を実施していただくよう呼びかけます。
  ・職員向けに節電掲示板を設け、情報の共有と節電意識の向上を図ります。

◆問い合わせ先 四日市市環境保全課 堀内 TEL 059-354-8188