不動明王立像

不動明王立像

種別 重要文化財(彫刻)
所有者 大聖院(日永二丁目)
法量 像高 95.0cm
材質・形状 木造 彫眼
製作年代 平安時代後期
指定年月日 大正4年8月10日
解説  弁髪を垂らし、右肘を張って剣を構え、左腕を下げて羂索(けんさく)を握り、条帛(じょうはく)を掛けて裳と腰布を身に着け、忿怒相(ふんぬそう)とよばれる怒りの表情で立っています。もとは白土を下地に塗り、その上に彩色を施したようですが、今はほとんど剥落しています。
羂索すなわち縄を握るのは、煩悩におぼれ、悟りを開こうとしない者を捕まえるためであり、剣を構えるのは、捕まえた者の煩悩を断ち切るためにあるとされます。
 京都・峰定寺の像に比べ、肉付きが穏やかであり、あらわになった上半身も控えめに彫っています。小さな目鼻立ちは、現代人にとっては畏怖よりもむしろ気品を感じさせます。これらは、平安時代後期の特色を示し、製作は十二世紀後半と考えられています。