広古墳A群

広古墳A群

広古墳A群

種別

県指定記念物(史跡)

所在地

大鐘町

所有者

四日市市

指定年月日

昭和44年(1969)3月28日

解説

 朝明川北岸、東名阪自動車道の西側の台地上にあります。A群とB群に分かれており、A群が史跡になっています。A群のみ指定されたのは、この地が土取によって消滅の危機にさらされたためです。史跡にすると原則的には現状のまま保持しなければなりません。さらにこの地を公有地にすることでそれは確実なものになりました。
 方墳同士が近接して築かれた古墳群で、円墳も含まれています。このうちA群は、方墳2基、円墳2基です。方墳は、下辺16m、上辺10m、高さが4.5mのものと、下辺12m、上辺7m、高さ2.3mのものがあります。円墳は、直径11.7m、高さ1.6mのものと、直径10m、高さ1mのものがあります。B群は、方墳2基、円墳1基です。方墳は、一辺31m、高さ3.4m、一部に突起した部分をもつものと、一辺6.7m、高さ1.3mのものがあります。円墳は、直径21.8m、高さ2.5mあります。いずれの古墳も発掘調査はおこなわれておらず、いつ頃のものなのかなど詳しいことはまだ明らかになっていません。