林コレクション萬古焼

萬古焼 赤絵窓山水文瓢形盛盞瓶

林コレクション萬古焼

種別

県指定有形文化財(工芸品)

所有者

四日市市

員数

53点

制作年代

江戸~明治

指定年月日

平成18年3月17日

解説

 林コレクション萬古焼は、四日市市に生まれて地元の企業家として活躍した故 林純之助(はやしじゅんのすけ)氏が収集し、四日市市に寄贈した萬古焼のコレクションです。
  古萬古(こばんこ)30点を中心に、古安東(こあんとう)5点、有節萬古(ゆうせつばんこ)13点、射和萬古(いざわばんこ)2点、再興安東(さいこうあんとう)1点、四日市萬古(ばんこ)2点の計53点から構成され、萬古焼の創始から現在の四日市萬古に至る技術的・技法的変遷や系譜を通覧することができる歴史的に重要な資料です。
  写真資料の「赤絵窓山水文瓢形盛盞瓶(あかえまどさんすいもんひさごがたせいさんぴん)(古萬古)」は、古萬古の作風を特色づける盛盞瓶(せいさんぴん)【仙盞瓶(せんさんぴん))形(けい)】と更紗文様(さらさもんよう)で加飾した典型的な作品です。