灰釉鶴亀陽刻文茶碗(古萬古)

灰釉鶴亀陽刻文茶碗(古萬古)

灰釉鶴亀陽刻文茶碗(古萬古)

種別

市指定有形文化財(工芸品)

所有者

個人

法量

高8.7cm 口径13.0~13.3cm 底径6.15~6.25cm

材質

陶器

製作年代

江戸時代後期

指定年月日

昭和55年6月25日

解説

 外側の口縁部に舞い降りる鶴、反対側の腰部に亀を片切彫とよばれる浮き彫り風の文様が施され、灰を溶いた薬(灰釉)を掛けて焼いた茶碗です。内側には松葉状の模様と一枚の葉が描かれています。やや高めの高台を持っています。
 灰釉は、わずかに緑味があり、細かい貫入(かんにゅう)(細かいひび)が入っています。高台内の底面に「萬古」印が押されています。