茶臼山古墳群出土品(須恵器群・埴輪群)

茶臼山古墳群出土品(須恵器群・埴輪群)

茶臼山古墳群出土品(須恵器群・埴輪群)

種別

市指定有形文化財(考古資料)

所有者

四日市市教育委員会

材質

須恵器、埴輪

時期

5世紀後半から6世紀初め頃

指定年月日

平成18年2月23日

解説

 茶臼山古墳群は、眼下に海岸平野を見晴らす大字泊村の丘陵東縁に所在しています。 4基からなる古墳群で、1号墳を平成9年に、4号墳を平成5年に発掘調査しました。 1号墳は造り出しを有する円墳(前方後円墳の可能性もあります)で、直径30mを測る大型の古墳です。 4号墳の形状、大きさははっきりとしていません。
 指定された出土品は、1号墳が須恵器群18点、埴輪群10点で、4号墳が埴輪群4点の合計32点です。 1号墳出土品は造り出しで行われた祭祀に用いられたものと考えられます。須恵器のうち、装飾須恵器の台付四連杯(蓋付)は杯身4個を脚台で連結したもので、非常に珍しいものです。 2個体分出土しました。埴輪には、1号墳の人物(巫女)形・家形と4号墳の馬形などの形象埴輪と円筒埴輪があります。市内では質・量ともに傑出しています。
 茶臼山古墳群は5世紀頃に市域南部を支配していた豪族の墓と考えられ、本指定品は市の古墳時代を特色付ける出土品としてきわめて貴重です。出土品は文化財整理作業所で収蔵・展示しています。