末広橋梁

末広橋梁

末広橋梁(旧四日市港駅鉄道橋)

種別

重要文化財(建造物)

所在地

末広町・千歳町

所有者

日本貨物鉄道株式会社
東海旅客鉄道株式会社

指定年月日

平成10年12月25日

解説

 四日市港の千歳運河に架かる跳開式の鉄道用の動く橋です。昭和6年(1931)の製作で、設計したのは、橋梁コンサルタントの草分けである山本卯太郎の主宰する山本工務所です。橋の中央部が、門型鉄柱に架かるケーブルで持ち上げられ、あたかも蝶つがいのような動きをします。ふだんは下ろした状態で橋の上を貨車が通りますが、船が運河を通る際、橋がゆっくりと上がります。
 動く橋は、明治以来、全国で約80ほど作られましたが、現在も動いているのは僅かに3例しかなく、末広橋梁は現役最古のものです。また重要文化財に指定された最初の動く橋です。