地蔵菩薩坐像

地蔵菩薩坐像

地蔵菩薩坐像

種別

県指定有形文化財(彫刻)

所有者

正法寺(羽津山町)

法量

像高29.0cm

材質・形状

木造 彩色 玉眼(ぎょくがん)

製作年代

室町時代

指定年月日

昭和29年4月1日

解説

 右手に錫杖を持ち、左手に宝珠を載せて座る姿勢をとっています。髪を剃った頭からは僧侶の姿を思い起こします。いわゆる結跏趺坐(けっかふざ)と異なり、左足が前に出て少しくだけた楽な姿勢になっています。これは、座りながら親しく人々に教えを説こうとしている様子と受け取れます。地蔵菩薩は、六道、特に地獄に落ちた人々を救済してくれることで篤く信仰されました。
 錆下地(さびしたじ)が施されたのち、白土を塗り、彩色仕上げされていました。肉身は白、頭部は薄い群青を塗って髪を剃ったばかりのように表し、唇を赤く染めていたことがわかります。また衣に唐草文(からくさもん)が施されるなど造られた当初は色鮮やかな若々しい姿であったようです。