久留倍官衙遺跡

久留倍官衙遺跡槍銘

久留倍官衙遺跡

種別

国指定記念物(史跡)

所在地

大矢知町

所有者

四日市市

指定年月日

平成18年7月28日

解説

 久留倍官衙遺跡(くるべかんがいせき)は、朝明川と海蔵川とにはさまれた丘陵の東先端部に位置しています。奈良時代を中心とした掘立柱建物(ほったてぼしらたてもの)などが多く見つかり、古代の官衙遺跡であると考えられます。
 官衙とは、一般に役所や官庁のことを言います。この遺跡では政務を執り行った官衙の中枢施設である政庁や、租税として集めた米などを保管した正倉院、その他の関連施設などが確認されています。これらの施設群は、時期と場所を変えて存在していますが、一体で見つかったことは全国的にも珍しいことです。
 この地は古代には伊勢国朝明郡に属しており、見つかった施設群は郡の役所とも考えられます。朝明郡は「日本書紀」「続日本紀」などの歴史書にも登場しており、壬申の乱(672年)や聖武天皇東国行幸(740年)との関係も注目されています。