旧東洋紡績株式会社富田工場原綿倉庫

旧東洋紡績株式会社富田工場原綿倉庫

旧東洋紡績株式会社富田工場原綿倉庫

種別

国登録有形文化財(建造物)

所在地

富州原町

所有者

三菱UFJ信託銀行株式会社

管理者

イオン株式会社

登録年月日

平成12年4月28日

解説

 東洋紡績は、四日市の事業家伊藤伝七が創設した三重紡績と、大阪紡績が大正3年(1914)の合併によって誕生した会社です。富田工場は、大正7年(1918)に完成した第1工場をはじめ、昭和9年(1934)までにミシン糸工場、原綿倉庫、ガス焼室、事務所、学院、講堂棟、社宅、寮などが建設され、20万平方メートルあったとされるその敷地は、東洋紡績の施設のなかでも最大規模であったようです。
 現在はこのうちの原綿倉庫のみを残し、敷地は広大なショッピングセンターに変貌しました。原綿倉庫は加工前のまだ精錬されていない綿を保管していた倉庫で、大正7年(1918)に建設されました。煉瓦造平屋建木造トラスの構造で、屋根は切妻造(きりづまづくり)のセメント瓦葺、外部は煉瓦造仕上げ、基礎は煉瓦造布基礎(ぬのきそ)です。入り口上部に換気窓を設け、内部は煉瓦造で側壁を格子組の材で保護していました。現在は内装を一変させて飲食店が入り、ショッピングセンターの一角を形成しています。