北野町獅子舞

北野町獅子舞

北野町獅子舞

種別

市指定無形民俗文化財

所在地

北野町

保持者

北野町獅子舞保存会

指定年月日

昭和49年4月17日

解説

 現在の北野町の獅子舞は、椿大神社(鈴鹿市)山本流の獅子舞を習ったものとされ、課内安全や家業繁盛、五穀豊穣を祈って毎年10月の北野天満宮跡地並びに県神社社頭で行われてきました。演目には初段の舞、起こし舞、扇の舞、後起こしの舞、御湯立の神事、小獅子の舞、花の舞の7種類が伝承されています。その起源は明確ではありませんが、獅子神御祈祷として天満神社にて行われてきたとされますが、同社は明治32年に北野天満社と改称され、大正6年5月に県神社に合祀されました。合祀されるまでは毎年2月25日を祭日としていたとされます。現在、休止中です。