大樟

大樟

大樟

種別

市指定記念物(天然記念物)

所在地

神明社(堂ケ山町)

指定年月日

昭和34年3月25日

解説

 神明社の境内に神木として祀られています。地上から約5mの高さのところで幹が南北に分かれ、北側の上部は落雷のため枯れていますが,全体的には健全で、境内の外まではみ出すほど枝葉が繁っています。樹齢は約800年と推定され、市内では最大の大樟です。樹高約24m、根張りの周りが約22m、胸の高さの幹周りが約7.2m、枝張りが東西方向に約37m、南北に約25mあります。樟の木は、暖地性の常緑照葉樹で関東地方から九州地方に自生しています。四日市では昭和47年に樟の木を「市の木」に選定しています。