赤絵龍文大鉢(古萬古)

赤絵龍文大鉢(古萬古)

赤絵龍文大鉢(古萬古)

種別

市指定有形文化財(工芸品)

所有者

個人

法量

高12.2cm 縦35.0cm 横37.6cm 底径18.3cm

材質

陶器

製作年代

江戸時代後期 

指定年月日

昭和55年6月25日

解説

 ロクロで大皿状に作ったあとで、3辺を折り曲げて三角形状の鉢にした大きな器です。底面には小さい足が3つついています。形を整えたあとに素焼きし、表面を白く塗って(白化粧)から竜の体など青い部分を塗り、更に透明釉を掛けて焼き、つやを出した後に炎など赤い部分や黒い爪などを描き、最後の焼き付けをしました。波のような真っ赤な炎のなかに厳しい表情の龍が青で描かれています。長い体を器の中に閉じ込めることができず、外にはみ出し、また中に入り、再び外に出て器を一周させ、いかにも豪放な様子がうかがえます。赤と青に強い印象を覚えますが、爪や角を不気味に黒で塗りこめており、龍への畏怖を増幅させます。器の形といい、描かれる龍といい、全体が動きのあるものになっているのがこの作品のアピールポイントです。足の脇には「萬古」と刻まれた印が押されています。