エイズ

●HIV=AIDSではありません!!

 HIVとAIDSについて

 HIVとは、「ヒト免疫不全ウイルス」というウイルスの名称です。そのウイルスに感染した場合、HIV感染といいます。

 AIDSとは、HIV感染者がHIVウイルスに感染し免疫力が低下。そして健康なときには問題のない細菌やウイルス・カビにより、いろいろな病気にかかる状態になります。こうして発症する疾患のうち、代表的な23の指標となる疾患を発症した時点で、AIDS発症と診断されます。

しかし、早期発見・早期治療で、エイズ発病を遅らせることが可能です!!

 

HIVの感染経路

・性行為(セックス)による感染

 もっとも多い感染経路です。

 HIVは主に、血液・精液・膣分泌液に多く含まれます。性行為によって感染者から相手の性器や肛門、口などの粘膜や傷口を通って感染します。

 

・母子感染(HIV感染者の母親から赤ちゃんへの感染)

 母親がHIVに感染している場合、妊娠中・出産時に子どもに感染することがあります。母乳での感染の例もあります。

 

・血液による感染(HIVに汚染された注射器などの回し打ち)

 HIVが存在する血液の輸血やHIV感染者が使用した注射器の回し打ちをすることによって感染します。

 

注意)握手、軽いキス、咳やくしゃみ、飲み物の回し飲み/同じ皿のものを食べる、お風呂、プールなどでは感染しません!!

 

●感染を予防するために

・性行為の際は必ずコンドームを使用しましょう

・注射器具の共用はやめましょう

・妊娠したら妊婦健診を必ず受けましょう(三重県ではHIV検査が妊婦健診助成の対象となっています)

 

●まずは検査を受けましょう!!

 HIV感染者は増加をしています。しかし検査を受ける人は年々減る一方です。

 

 検査を受けることで、陰性であれば安心を手にすることができます。

 また陽性であっても早期に受診し、適切な治療を行っていくことでAIDSの発症を抑えることができます。

 

HIV感染は血液を少量(約5ml)採取することで調べることができます。

検査は、血液中に抗体ができるまでに約68週間かかるため、感染の可能性のある行為から約3ヶ月以降に受けてください。

  日時:毎週水曜日13001500、第4水曜日17301900(除祝日) 
※結果報告のために再度来所が必要となります。

※結果報告書の発行はしていません。

  検査場所:四日市市保健所(四日市市諏訪町2-2 総合会館5階)

  予約不要。エレベーター前の番号札を取ってお待ちください。

 

 ●HIV検査の様子
   
      1.エレベーターを降りた左手の番号札をおとりください。

 

 
       
       2.番号をよばれるまで椅子にかけてお待ちください。
                  HIVや性感染症に関する資料も展示しております。

       

       


       



       3.番号を呼ばれたら検査室に入室してください。
       


       4.相談の後、採血を行います。
       

       5.採血が終了したらお帰りください。
         結果報告のため1週間後にお越しください。