市民課で行う手続について

戸籍や住民票の写しなどの証明書の交付、住所異動の届けや婚姻・出生・死亡などの届けの受け付けを行っています。

これらの業務は、市民課のほか、近鉄四日市駅高架下の「市民窓口サービスセンター」、各地区市民センター(中部地区を除く)でも取り扱っています。

また、住居表示に関する届けの受付も行っています。
  ○詳しくは
    住居表示制度について」  
      「住居表示実施区域・町名一覧
       住居表示実施区域図
 
  ☆住居表示に関する届け出書☆
    1.住居番号付定申請書
    2.出口・通路変更届  
    3.住居番号変更申出書  
    4.住居番号廃止届


●お知らせとお願い

 ■平成27年10月から、一人ひとりに12桁のマイナンバーの通知が始まりました。
       詳しくは、こちらをご覧ください。
     ⇒⇒⇒  マイナンバーについて

      

 ■届出や証明発行の際、本人確認をしています。
 
  皆様のご協力をお願いします。
     詳しくは、こちらをご覧ください。
     ⇒⇒⇒  届出・証明書発行時の本人確認について


●受付時間

<市民課・各地区市民センター>
 平日の午前8時30分から午後5時15分まで

<市民窓口サービスセンター>
 午前10時から午後7時まで
※詳しくは、下記の「土・日・休日もご利用いただける窓口」をご覧ください。
 

【1】窓口業務のご案内・・・詳細は、次の「【2】手続きのご案内」をご覧ください。


【2】手続きのご案内

手続きに必要な申請書・請求書・委任状の用紙をこのページの下の「ダウンロード」に載せました。まだ、一部ですが、ご利用ください。

(1)戸籍謄本・抄本・附票の写しの請求 

<窓口にお越しいただく場合>

 本籍地が四日市市である戸籍が請求できます。
 手数料は戸籍謄本・抄本は1件450円、除籍・改製原戸籍は1件750円、附票の写しは1件200円です。
 請求時には窓口にお越しいただく人の本人確認書類(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど)が必要です。
本人、配偶者または直系血族以外の人が代理請求する場合は、委任状が必要です。
利害関係にある第三者が請求する場合は、関係を明らかにできる資料(契約書の写しなど)を提示してください。
*戸籍謄本(全部事項証明)…その戸籍の全部の写し
*戸籍抄本(個人事項証明)…必要な人だけを抜き出したものの写し

<郵便でご請求いただく場合>
 
 便せんなどに下記の必要事項を記入し、請求される人の本人確認書類の写し(運転免許証、個人番号カードなど)、手数料、切手を貼った返信用封筒を同封して、郵送してください。返送先は、請求された方の住民登録地です。(パスポートは現住所の記載がないため、郵便での戸籍の請求の際は本人確認書類にはなりません。)
 手数料は戸籍謄本・抄本は1件450円、除籍・改製原戸籍は1件750円、附票の写しは1件200円です。手数料はゆうちょ銀行(郵便局)の定額小為替をご用意ください。
利害関係にある第三者からの請求については添付書類の必要な場合や、使用目的により交付できない場合があります。
<宛先>
〒510-8601 四日市市役所市民課 郵送担当 (※住所は不要です。)

《必要事項》
 戸籍謄本の場合は本籍地・筆頭者、抄本の場合はさらに必要な人の名前をお書きください。次に請求する人の住所、氏名、使用目的、昼間連絡のできる電話番号を書いてください。

◆このページの下の「ダウンロード」にある「戸籍等証明書の郵送請求」をクリックすると、郵送請求の方法や請求用紙がご覧いただけます。

 ※四日市市の戸籍・附票の写しについてのご注意

  四日市市では平成13年1月27日に戸籍の電算化(コンピュータ化)を実施し、戸籍と附票を一斉に改製しております。平成13年1月27日以前の事柄を証明したい場合は、改製前のもの(改製原戸籍・改製原戸籍附票の写し)と現在のもの、2種類必要となることがありますのでご注意ください。                                             

 また、平成13年1月27日の戸籍の電算化(コンピュータ化)以外にも、婚姻・転籍等によって、戸籍・附票が何種類かにわたって記載されていることがあります。出生から現在までの事柄を証明したい場合などにも、2種類以上の戸籍(除籍・改製原戸籍)・附票の写し(附票の除票の写し・改製原戸籍附票の写し)が必要になることがありますので、ご注意ください。


(2)住民票の写しの請求 

<窓口にお越しいただく場合>
 四日市市に住民登録がある場合、住民票の写しを請求できます。世帯全員の住民票、世帯の一部(個人)の住民票の2種類があります。
手数料はいずれも1件200円です。
請求時には、窓口にお越しいただく人の本人確認書類(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど)が必要です。 
 世帯主、続柄、本籍、筆頭者は、特別の事由がない限り表示されません。必要な場合には、その旨請求してください。
 本人または同一世帯員以外の人が代理請求する場合は、委任状が必要です。
 利害関係にある第三者が請求する場合は、関係を明らかにできる資料(契約書の写しなど)を提示してください。

《広域交付住民票》・・・市民課のみの取り扱いとなります
 平成15年8月25日から、住所地以外でも住民票が請求できるようになりました。請求できる人は、本人または同一世帯員に限ります。請求の際は、官公署発行の顔写真入りの本人確認書類(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど)が必要です。
ただし、広域交付住民票には、本籍・筆頭者の記載はできません。
 手数料は1件200円です。

<郵便でご請求いただく場合>
 便せんなどに下記の必要事項を記入し、請求される人の本人確認書類の写し(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど)、手数料、切手を貼った返信用封筒を同封して郵送してください。
 返送先は、請求される方の住民登録地となります。
 手数料は1件200円です。ゆうちょ銀行(郵便局)の定額小為替をご用意ください。
 利害関係にある第三者からの請求については、添付書類の必要な場合や使用目的により交付できない場合があります。
<宛先>
〒510-8601 四日市市役所市民課 郵送担当(※住所は不要です。)

《必要事項》 
 住所、氏名、使用目的、世帯全部の証明が必要な場合は全部と書き、個人のものが必要な場合は必要な人の名前をお書きください。
 次に、請求する人の住所・氏名・昼間連絡のできる電話番号を書いてください。世帯主の氏名・続柄・本籍地・筆頭者の載っている住民票が必要な場合はその旨もお書きください。

◆このページの下の「ダウンロード」にある「戸籍等証明書の郵送請求」をクリックすると、郵送請求の方法や請求用紙がご覧いただけます。

(3)住民票の写しの電話予約(時間外、土・日曜日の受け取り)
 住民票の写しなどが必要で、平日に窓口へ来ることができない人は、電話で予約をしていただくと、夜間や休日に受け取ることができます。
 予約は、受け取り希望日の1週間前から、市民課でのみ受け付けます。
 受付時間は午前8時30分~午後5時(土・日曜日、休日を除く)です。
 予約できるのは、本人または同一世帯員に限ります。
 受取場所は、市役所地下1階の宿直室です。
 受取時間は、平日は午後5時~午後8時まで、土・日曜日・休日は午前8時30分から午後5時までです。
 受取時には、お越しいただく人の本人確認書類(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど)、手数料が必要です。手数料は1件につき200円ですので、おつりのないようにお願いします。
 本人または同一世帯員以外の人が受け取る場合は委任状が必要です。

(4)市内で引っ越したとき(転居届)
 四日市市内で引っ越しされた場合は、新しい住所地に住み始めてから14日以内に届け出てください。
 届け出には、窓口にお越しいただいた人の本人確認書類(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど)が必要です。
  同一世帯の親族以外の代理人が届け出をする場合は、委任状も必要です。
  届け出時には、通知カードまたは個人番号カードをお持ちください。
 国民健康保険に加入の人は、保険証をお持ちください。福祉や医療の受給資格証をお持ちの人はご持参ください。
 印鑑登録の住所は自動的に変わります。

(5)市外へ引っ越しするとき(転出届)
 四日市市から他の市町村へ引っ越しされる場合は、引っ越し予定日の14日前から転出届をすることができます。
 届け出には、窓口にお越しいただく人の本人確認書類(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど)が必要です。
 同一世帯の親族以外の代理人が届け出をする場合は、委任状も必要です。
 国民健康保険加入の人は保険証をお持ちください。福祉や医療の受給資格証をお持ちの人はご持参ください。
 転出届をされると、転出証明書をお渡しします。(※外国に転出される人にはお渡ししません)。これは、新住所地での転入届の時に必要です。
 個人番号カード、住民基本台帳カードをお持ちの方、または転出する同一世帯内に個人番号カード、住民基本台帳カードをお持ちの方がいる場合は、転出証明書の発行が省略される場合があります。
 印鑑登録は転出日に消除されます。必要な場合は、新住所地で改めて印鑑登録をしてください。
 転出届をした後に、引っ越しを取り止めた場合は、「転出取り消し」の手続きが必要です。詳しくは、市民課へお問い合わせください。
 
◆このページの下の「ダウンロード」にある「転出証明書の郵送請求」をクリックすると、郵送請求の方法や請求用紙がご覧いただけます。

(6)四日市市に引っ越したとき(転入届) 
 他の市町村から四日市市に引っ越しされた場合は、住み始めてから14日以内に転入届をしてください。
 届け出には、前住所地で発行された「転出証明書」、窓口にお越しいただく人の本人確認書類(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど)が必要です。
 個人番号カード、住民基本台帳カードを利用した転入届の場合は個人番号カード、住民基本台帳カードをお持ち下さい。
   転入前の市区町村で作られた個人番号カード、住民基本台帳カードは引き続き四日市市でもお使いいただけます。
  個人番号カードをお持ちでない方は、通知カードをお持ちください。
 同一世帯の親族以外の代理人が届け出をする場合は、委任状も必要です。
 外国からの転入の場合は、パスポートと戸籍謄本または抄本、戸籍の附票が必要です。(※本籍が四日市市の場合は、パスポートのみでOKです。)
 国民健康保険加入世帯へ入られる場合は、四日市市の国民健康保険証をお持ちください。国民健康保険の手続は、転入手続時にあわせて行います。
 児童手当、子ども医療費等福祉助成制度、転校手続き、などについては窓口でお尋ねください。 

(7)赤ちゃんが生まれたら(出生届)
 
 出生届は、生まれた日を含めて14日以内に提出してください。
 届け出には、出生届と届出人の印鑑が必要です。
 また、母子健康手帳にも証明をしますので、お持ちください。
 出生届の用紙は病院にありますので、用紙の右半分(出生証明書)を出産された病院などで記入してもらってください。さらに用紙左半分を届出人が記入し、署名押印してください。
 児童手当や子ども医療費受給資格証の申請は、住所地の市町村で行う必要がありますので、住所地へ届けを出す場合は、加入されている健康保険証と普通預金通帳をお持ちください。
 夜間・休日は、市役所地下1階の宿直室で、出生届の提出のみができます。
 子の名に使用できる文字については制限がありますので、事前に市民課へご確認ください。

(8)ご不幸があったら(死亡届) 
 死亡届は、亡くなったことを知った日から7日以内にしてください。
 届け出には、死亡届と届出人の印鑑が必要です。四日市市の斎場を使用される場合は、更に斎場使用料も必要です。
 死亡届の用紙は、病院にありますので、用紙の右半分(死亡診断書)を病院などで記入してもらった後、親族の人などが用紙の左半分を記入し、署名押印してください。
 夜間・休日は、市役所地下1階の宿直室で届け出ができます。

(9)結婚されるとき(婚姻届) 
 婚姻届は、届を提出して受理された日が婚姻の成立日になります。
 届書に必要事項を記入の上、夫になる人と妻になる人それぞれ本人が署名をし、印鑑を押してください。証人は成人の人で、2人必要です。届出人、証人、それぞれ、必ず、朱肉による押印でお願いします。
 本籍が四日市市にない人は、戸籍謄本または戸籍全部事項証明書を1通ご用意ください。
 また、窓口にお越しいただく人の本人確認書類(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど)をお持ちください。
  氏の変更のある方で四日市市に住所のある方は、通知カードまたは個人番号カードをお持ちください。
 未成年者や外国人の場合の届出方法は、市民課へお問い合わせください。
 夜間・休日も市役所地下1階の宿直室で届け出ができます。ただし、住所変更の手続きはできませんのでご注意ください。

(10)印鑑登録をするには 
 印鑑登録ができるのは、四日市市に住民登録をされている15歳以上の人です。
 登録の申請をする場合は、本人が、登録する印鑑と、官公署発行の顔写真入りの本人確認書類(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど)をお持ちください。(登録できない印鑑もあります。詳細については事前に市民課へご確認ください。)
 本人確認書類のない場合および代理人が申請された場合は、郵送で本人に確認の文書を送ります。後日、本人が記入した回答書をお持ちいただいてから登録します。
 代理人による申請、登録証の受領には、それぞれ委任状と登録する印鑑、代理人の印鑑が必要です。登録の手続きが終わると印鑑登録証をお渡しします。
 手数料は200円です。

(11)印鑑登録証明書の交付申請
 本人が窓口にお越しいただく場合は、印鑑登録証と本人確認書類(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど)をお持ちください。登録されている印鑑をお持ちいただく必要はありません。
 代理人がお越しいただく場合も、本人から預かった印鑑登録証と代理人の本人確認書類をお持ちください。委任状は不要です。
 手数料は1件200円です。



●土・日・休日もご利用いただける窓口

★★★市民窓口サービスセンター★★★ 

<場所>
 四日市市安島一丁目1番56号
 (近鉄四日市駅高架下 四日市物産観光ホール内)
<開設時間>
 午前10時から午後7時まで(年末年始は休み)
 ※機器点検等により、臨時休業する場合があります。この場合はあらかじめ広報や市のホームページでお知らせします。また、お出かけ前に電話でご確認ください。
<電話番号>
 059-359-6521
<交付できる証明書>
 住民票の写し、住民票記載事項証明、公的年金受給者現況証明、印鑑登録証明書、戸籍(除籍)謄本・抄本、戸籍の附票の写し、身分証明書、所得証明書、課税証明書、納税証明書、評価証明書、評価通知書、公課証明書、住所証明書など
請求手続きについては上記の「【2】手続きのご案内」をご覧ください。
<収納>
 市県民税、固定資産税、国民健康保険料などの収納もできますので、納付書をご持参ください。
<届け出など>
 平日の午後5時までは、印鑑登録申請や住民異動届、戸籍の届け出も受け付けています。
ただし、平日の午後5時以降、土・日曜日、休日は、転入、転居、国保加入届など取り扱いできない業務がありますので、詳しくは、市民窓口サービスセンターまたは市民課までお問い合わせください。

◆下記の「ダウンロード」にある「市民窓口サービスセンターのご案内」をクリックすると、より詳しい業務内容がご覧いただけます。



ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 古いビューワソフトでは、正常に表示できない場合があります。


届出や証明書発行時の本人確認について