犬の登録と狂犬病予防注射について

犬の登録と狂犬病予防注射について



 生後91日以上の犬は、狂犬病予防法により一生に1回の登録と年1回の狂犬病予防注射が義務づけられています。


●犬の登録
 毎年4月に行う狂犬病予防集合注射を実施する各会場 ・ 衛生指導課(総合会館4階)または中部地区を除く各地区市民センター ・ 四日市市狂犬病予防事務の委託をしている動物病院で、手続きいただけます。(登録手数料 3,000円)
 
●犬の所在地等が変わったとき
 犬の所在地が変わったとき、飼い主の氏名及び住所が変わったときなどは、衛生指導課(総合会館4階)または中部地区を除く各地区市民センターに変更届を提出してください。
 飼い主が代わった場合は、前の飼い主から鑑札も譲り受けて下さい。
○四日市市に転入
 飼い犬の変更届と旧住所地で交付された鑑札を提出してください。
○四日市市内で転居
 飼い犬の変更届を提出してください。
○四日市市から転出
 新住所地の市町村窓口に、飼い犬の変更届と四日市市で交付された鑑札を提出してください。四日市市への届出は必要ありません。

●飼い犬が死亡したとき
 登録の抹消が必要です。届出をお願いします。
 また、火葬についてはこちらです。


●犬の注射
 毎年4月に行う狂犬病予防集合注射を実施する各会場 ・ 四日市市狂犬病予防事務の委託をしている動物病院で注射を受けていただく場合は、同時に注射済票の交付を受けることができます。注射料金は3,200円(注射接種料金:2,650円+注射済票交付手数料:550円)必要です。
 その他の最寄の動物病院で、注射を受けられた場合は、その際に渡される注射済証を衛生指導課(総合会館4階)または中部地区を除く各地区市民センターへ提出してください。後日、注射済票を郵送いたします。(注射済票交付手数料:550円)

平成29年度犬の登録と狂犬病予防注射(日程・会場)はこちら

なお、お近くの動物病院でも予防注射を受けていただけます。

狂犬病のくわしい説明はこちら(厚生労働省ホームページ)